当部門について

理念

  • • 迅速かつ高精度の検査を目指します
  • • 疾病究明への検査支援体制を目指します
  • • 学術、技術の研鑽に努めます

病気の診断、重症度判定、臨床経過の観察、治療効果の判定、病気の早期発見と予防のための情報を提供するのが臨床検査です。血液・尿・便・痰・穿刺液・手術で取り出された生体組織等の患者様から取り出された材料を検査する検体検査と、心電図や超音波検査など患者様の身体に接して行う生理機能検査に大きく分けられます。

 

構成

臨床検査科長(併任)1名、臨床検査技師 19名(非常勤 2名)、検査助手 2名

 

認定資格

細胞検査士 2名、超音波検査士 3名、認定血液検査技師 1名、認定輸血検査技師 1名、認定臨床微生物検査技師 1名、日本糖尿病療養指導士 1名、NST専門療法士 1名、緊急検査士 4名

 

一般検査

尿検査

腎臓や膀胱の病気や糖尿病などの病状を把握するための検査です。

▸定性検査(試験紙法)

尿中のブドウ糖、蛋白、潜血、白血球、ビリルビン、ウロビリノーゲン、PH、比重を検査します。

▸尿沈渣

尿を遠心分離し、沈渣を顕微鏡で観察し、細菌や白血球、赤血球、膀胱や腎臓の細胞などが含まれていないか検査します。

▸便潜血検査

便の中に血液が混じっていないかを調べます。胃や腸からの出血性病変のスクリーニングで、大腸癌の早期診断の検査です。

一般検査の様子
 

血液検査

血球計数検査

血球成分の、赤血球数(RBC)、白血球数(WBC)、血小板数(PLT)を検査します。白血球は大まかに、顆粒球、単球、リンパ球に分けられます。この血球成分の種類ごとの数や質を検査します。

 

末梢血液像検査

血液中の白血球、赤血球、血小板などの血液細胞を顕微鏡で観察し、数的・質的変化から情報を得る検査です。血液を一滴スライドグラスに落とし薄く延ばして染色し、顕微鏡で観察します。自動分析機による自動分類と顕微鏡観察と併用しています。

 

凝固・線溶検査

血液中には、出血を止める働き(血を固まらせる:凝固)を持つ成分と、一度固まった血液を溶かす働き(血中に出来た血栓を溶かす:線溶)を持つ成分が含まれています。これらの働きを検査しています。

血液検査機の写真
 

生化学検査

体内の酵素、脂質、含窒素成分、無機物、糖成分などを検査します。検体は血液を凝固させ遠心分離して得られた血清や尿等を用い、生化学自動分析装置にて測定しています。

一般的な検査として蛋白、GOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTP、ALP、LDH、血糖、HbA1c、コレステロール、中性脂肪、尿素窒素、クレアチニン、尿酸、鉄、アミラーゼ、電解質などがあります。

 

免疫検査

感染症や腫瘍マーカーなどの検査をします。検体は血液を凝固させ遠心分離して得られた血清を用い、自動免疫測定装置にて測定します。

感染症はHBs抗原、HCV抗体、HIV抗体、梅毒検査など、腫瘍マーカーは AFP、CEA、CA19-9、CA15-3、などを測定しています。

 

輸血検査

輸血に関する検査、各種血液製剤の管理などを行っています。

輸血に関する検査

血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験(クロスマッチ)などを行います。

輸血用血液製剤の管理

輸血用血液製剤には、赤血球製剤、血小板製剤、血漿製剤などがあり、これらの血液製剤の発注、保管、払い出しなどを行います。

 

細菌検査

微生物にはウイルス、細菌、真菌、原虫などがいます。細菌検査室では感染症の原因である起炎微生物(例えば肺炎を起こす肺炎球菌、膀胱炎を起こす大腸菌、食中毒を起こすサルモネラ菌、髄膜炎を起こす髄膜炎菌、肺結核を起こす結核菌、院内感染を起こすMRSAなど)を検出し、薬剤感受性試験から有効薬剤を調べ治療に役立てます。

院内感染対策として耐性菌のサーベイランスも行います。

一般細菌検査

結果は、平均3~4日かかります

▸塗抹検査

検体から標本作製後、染色して顕微鏡で観察して菌の有無と量を調べる検査です。

▸培養・同定検査

検体を培地(細菌の発育に必要な栄養が含まれている寒天)に塗って、細菌を発育させ、その細菌の菌名を調べる検査です。

▸薬剤感受性検査

感染症の原因となっている細菌にたいしてどの抗生剤に効果が認められるかを調べる検査です。

 

抗酸菌検査

結果は、最終的には2か月かかります

▸塗抹検査

精度向上の為、集菌法を採用しています。

▸培養・同定検査

迅速な結果報告のため、液体培地やPCR検査を採用しています。

▸薬剤感受性検査

迅速な結果報告のため、耐性遺伝子検査を採用しています。

 

迅速検査

特殊な細菌やウィルスなどは一般的に培養の時間がかかり培養自体も困難ですが、迅速検査では数分から1時間以内で感染の有無がわかり、当日中に治療が可能となります。当院では以下を迅速検査として行っています。

  • • A群溶連菌抗原検査
  • • RSウィルス抗原検査
  • • アデノウィルス抗原検査
  • • インフルエンザウィルス抗原検査
  • • CDトキシン検査
  • • ロタウィルス抗原検査
  • • 尿中肺炎球菌抗原検査
  • • 尿中レジオネラ抗原検査
  • • ノロウィルス抗原検査
  • • ヒトメタニューモウィルス抗原検査

 

病理・細胞検査

組織診

手術で摘出された臓器や胃カメラ・気管支鏡などで採取された小組織(生検)の標本を作製し、顕微鏡下で採取部位(病変部)の細胞が良性か悪性かを鑑別・診断する検査です。
 

細胞診

喀痰や尿などに自然に剥離された細胞や気管支擦過,乳腺・甲状腺の穿刺などにより採取された細胞を観察することにより、良性か悪性かを鑑別・診断する検査です。


「組織・細胞像の一例」

免疫組織化学検査

抗体(試薬)を用いて組織標本中の抗原を検出する機器です。抗原は様々あって当院では約80種類保有しています。


 

術中迅速組織診

この機器で手術中に摘出された検体を-20℃に凍結させ薄切して標本作製し、病理医が診断して報告します。以上の流れを短時間でおこないます。


 

病理解剖

亡くなられた方の死因究明を行います。後日、臨床医とカンファレンスを行って、診療へフィードバックします。

 

生理検査

患者様の身体に検査技師が直接触れて検査を行います。検査内容によって検査に要する時間は異なります。また、絶食・睡眠等の条件がある検査や予約が必要な検査もあります。

心電図検査

心電図検査は心臓の活動により生じる電気的な信号を波形として記録します。心筋梗塞や不整脈、狭心症などを調べる検査です。

▸標準12誘導心電図

ベッド上で胸、手首、足首に電極をつけ安静状態で検査します。

▸運動負荷心電図

安静時の心電図記録後、専用の階段を昇降して心臓に負荷をかけ、運動によってひきおこされる不整脈や狭心症などを見つける検査です。

▸24時間心電図

胸部に数箇所 電極(テープ)を貼り、携帯用記録機をベルトで腰に巻いた状態で24時間心電図を記録します。日常生活での不整脈や狭心症の出現、無自覚の発作、睡眠中の発作の検出を目的とします。

呼吸機能検査

大きく息を吸ったり吐いたりして肺活量・一秒量などを測定し、肺気腫・喘息などの診断に活用します。正しい検査結果を得るためには患者様の努力と協力を必要とします。また、呼気中のNO(一酸化窒素)濃度を測定することで喘息の指標となる呼気NO濃度検査も行っています。

超音波(エコー)検査

人の耳に聞こえない音波(超音波)を使用しているため、痛みもなく安全な検査です。腹腔内・心臓・乳腺・甲状腺・頚部血管などの病変を調べます。


 

ABI検査(足関節上腕血圧比)

下肢動脈への血流障害や動脈硬化の程度を調べます。末梢動脈の血流評価としてSPP(皮膚潅流圧)検査も行ってます。

その他

脳波、睡眠時無呼吸などの検査も行っています。


心電計
心電計

超音波装置
超音波装置

ABI測定装置
ABI測定装置