平成30年度「内科専攻医」募集案内

採用情報を掲載します。詳しくは以下のファイルをご確認下さい。

内容:内科専攻医募集


プログラムの特徴

本プログラムは、福岡県粕屋保健医療圏の中心的な急性期病院である福岡東医療センターを基幹施設として、福岡県粕屋保健医療圏、近隣医療圏にある連携施設とで、内科専門研修を経て超高齢社会を迎えた我が国の医療事情を理解し、必要に応じた可塑性のある、地域の実情に合わせた実践的な医療も行えるように訓練されます。
研修期間は基幹施設1~2年+連携施設1~2年の合計3年になります。
福岡東医療センター内科施設群専門研修では、症例をある時点で経験するということだけではなく、主担当医として、入院から退院〈初診・入院~退院・通院〉まで可能な範囲で経時的に、診断・治療の流れを通じて、一人一人の患者の全身状態、社会的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践します。そして、個々の患者に最適な医療を提供する計画を立て実行する能力の修得をもって目標への到達とします。


福岡東医療センターの内科専門研修プログラム


内科専門研修の連携施設

・九州大学病院
・国立病院機構九州がんセンター
・国立病院機構小倉医療センター
・製鉄記念八幡病院
・原三信病院
・福岡市民病院
・福岡山王病院
・宗像医師会病院
・宗像水光会総合病院
・和白病院
・国立病院機構福岡病院
・白十字病院
・西福岡病院
・国立病院機構大牟田病院
・門司掖済会病院
・直方病院
・稲築病院


プログラムの指導責任者

プログラム統括責任者:中根副院長
指導責任者:黒岩臨床研究部長
循環器疾患:小池医長
脳神経疾患:陣内医長
呼吸器疾患:高田部長
糖尿病・代謝・内分泌疾患:篠原部長
肝消化器疾患:田中部長
腎臓疾患:片渕部長
血液疾患:黒岩部長
感染症疾患:肥山医長
病理:片渕部長
(事務担当:管理課 職員係)


専攻医定員

8名


研修実績と評価

日本内科学会専攻医登録評価システム(J-OSLER)の研修手帳Web版を用いて、以下をwebベースで日時を含めて記録します。

  • • 専攻医は全70疾患群の経験と200症例以上を主担当医として経験することを目標に、通算で最低56疾患群以上160症例の研修内容を登録します。
  • • 指導医はその内容を評価し、合格基準に達したと判断した場合に承認を行います。
  • • 専攻医による逆評価を入力して記録します。
  • • 全29症例の病歴要約を指導医が校閲後に登録し、専門研修施設群とは別の日本内科学会病歴要約評価ボード(仮称)によるピアレビューを受け、指摘事項に基づいた改訂を受理(アクセプト)されるまでシステム上で行います。
  • • 専攻医は学会発表や論文発表の記録をシステムに登録します。
  • • 専攻医は各専門研修プログラムで出席を求められる講習会等(例:CPC、地域連携カンファレンス、医療倫理・医療安全・感染対策講習会)の出席をシステム上に登録します。

※プログラムの詳細は、添付資料『平成30年度福岡東医療センター内科専門医プログラム』を参照ください。

添付資料はこちら

※平成30年度内科専攻医に関する情報は、日本内科学会Webサイトをご参照ください。
 http://www.naika.or.jp/nintei/shinseido2018-2/h30_senkoi/


勤務時間、休暇について

勤務時間は原則として月曜~金曜8:30~16:30です。急患など状況によっては、より長時間患者のケアに勤め、臨床能力を向上する努力をお願いします。
当直は、ある程度の基礎力がついた後に、救急の実習をかねて月に3~4回程度勤務していただく予定です。


処遇

身分:期間職員(レジデント)
公的医療保険(協会けんぽの健康保険)、公的年金保険(厚生年金保険)、労働者災害補償法の適用有り、雇用保険有り
給与:月額約390,000円
宿舎:あり
駐車場:あり(有料)


出願手続き

応募資格:医師免許(3年目~5年目の医師)
出願受付:平成29年10月16日(月)~平成29年11月15日(水)17:00必着


出願書類:次の書類を管理課職員係あて郵送して下さい。

受験願書

・履歴書 (書式指定なし。写真を添付。)
・臨床研修修了証または臨床研修修了登録証の写し
・医師免許証の写し
・返信用封筒1通(長形3号(長3)サイズ。ご連絡先の住所、氏名を表書きし、372円分の切手を貼ったもの)


選考方法

内容:面接
試験日:平成29年11月下旬


申し込み・問い合わせ先

〒811-3195 福岡県古賀市千鳥1-1-1
独立行政法人国立病院機構 福岡東医療センター 管理課 職員係
TEL 092 (943) 2331
Eメール:605sy01@hosp.go.jp