脳血管・神経センターについて

当センターは2004年に設立されました。現在は、脳神経内科、脳神経外科、リハビリテーション科がそれぞれの特徴を生かし、脳卒中から各種神経疾患まで幅広く診療できる体制を整えています。

脳卒中診療は、24時間365日、発症4.5時間以内の脳梗塞症例に対して血栓溶解療法、さらに血管内治療専門医による急性期血行再建術を行っています。また、急性期からPT、OT、STリハビリ3職種が訓練にあたり、機能回復に取り組んでいます。

転院にあたっては、回復期病院のリハスタッフが週1回の回診に参加して患者さんの状態を把握し、さらに地域連携室パスを介した情報共有を行っています。予防的治療として、脳動脈瘤のコイル塞栓術、内頸動脈狭窄症に対するステント留置術なども行っています。

その他、神経救急疾患(意識障害、髄膜脳炎、てんかん等)、認知症、パーキンソン病などにも対応しています。救命救急センター指定後増加してきている頭部外傷に対しては、24時間365日、手術できる体制で対応しています。がん拠点病院である当院には脳腫瘍患者も多く、手術、化学療法、放射線療法を駆使して診療しています。

当センターでは神経疾患を幅広く診療しており、特に急性期疾患に対しては、センターのスタッフが365日当直して対応していますので、お困りの時はいつでもご相談下さい。