教育・研修の概要

1. 福岡東医療センターの概況

2004年4月1日に独立行政法人へ移行後、当院は粕屋北部の中核病院として様々な役割を期待され、地域医師会や消防、行政等と連携し「粕屋北部在宅医療ネットワーク」の二次病院として高齢者の救急医療に貢献してきました。また、宗像・粕屋小児救急体制の二次救急受け入れ施設として、小児の救急医療にも貢献しています。

その他、地域がん診療拠点病院や呼吸器疾患の基幹医療施設、また重症心身障害の専門医療施設として等、内科系・外科系を問わず充実した診療機能を基盤に地域医療に貢献しています。さらに2014年度から1種、2種感染症を受け入れる感染症センターが開設し、合わせて福岡ブロックでは4番目の救命救急センターも設置されました。

このように、今後ますます充実し、地域での役割拡大が見込まれる中、看護職員の意識改革やエビデンスに基づく質の高い看護が提供できる看護師の育成が求められています。

2. 看護部 現任教育の考え方

福岡東 ACTyナースを育成します!!

看護部では、進化する福岡東医療センターの概況に対応する為、変化に対応できる誠実で誰からも信頼される「福岡東 ACTyナース」を育成し、質の高い看護の提供を目指します。

そのため、国立病院機構が示す「能力開発プログラム ACTyナース」に基づく、卒後1年目から5年目までの経年別教育と6年目以上の看護師を対象とするキャリアコースを設け、全看護師対象の全体教育や各看護単位で行うOJTと連動する教育プログラムを作成しました。

そして、5年目までの経年別教育の中に、当院が担う政策医療や専門医療分野の看護についても内容を組み込み、「福岡東 ACTyナース」を育成します。

 

看護師

福岡東 ACTyナースとは

「福岡東 ACTyナース」は、患者・家族、地域住民に信頼される知識・技術をもった誠実な看護師であり、医療チームの一員として看護職の役割が果たせる看護師です。また、一人の人間としても感性豊かな看護師であり、「花を育てる心」をもった看護を提供します。

卒後5年目までの経年別教育と6年目以上のキャリアコースを軸にした教育プログラム「つぼみちゃん」があります。一人一人を大切に育てるプログラムです。

 
新人看護師教育について

新人看護師の一年間は、病院のこと、病棟のことなど覚えることがたくさんあります。そこで事前学習や復習に役立つ、「新人看護師学習マニュアル ひよこちゃん」を作りました。新人看護師全員に一冊ずつ配布します。「ひよこちゃん」を使って日々指導を受けながら学習していきます。

また、病棟での新人看護師の指導体制は、プリセプター制をとっており、卒後三年目まで一人一人をサポートします。

3. 教育目的

福岡東医療センターで働く看護師一人一人が専門職業人として自覚を持ち、当院が担う医療を推進しうる看護実践能力を高め、看護の質向上を図る。
 

4. 教育目標

  1. 1. さまざまな背景にある看護師に、当院の特性や看護部が目指す看護について理解させ、看護実践に繋げる。
  2. 2. 看護師がそれぞれの学習状況に応じて、段階的・継続的に学習できるようにし、専門職業人としての発達を支援する。
  3. 3. 個々のもつ能力を引き出し、思いを述べ、思いに耳を傾けられる教育環境を提供する。
  4. 4. 地域の中での当院の役割を自覚し、看護面の地域連携を遂行する。
 

院内で活躍する看護師

救急看護認定看護師

救急看護の対象は、突然の発症により身体的・精神的に危機的状態に陥った患者やそのご家族です。

多くの問題点の中から、優先順位を迅速に判断し、適切な初期対応を実践していくことで救急看護の質の向上を目指しています。

感染管理認定看護師

医療関連感染(院内感染)をおこさないため、または感染拡大を最小限にするために、各職種と連携を取り、情報提供や指導・助言する役割を担っています。

また、ICTではお互いの専門的知識を発揮し、職員への機会教育と対策改善に努めています。

緩和ケア認定看護師

緩和ケアチームの一員として専門的な視点で患者様の身体の辛い症状緩和や心のケアを支援させて貰っています。

患者様やご家族にとっての希望や自分らしく生きていきたいという気持ちを大事に、多職種と協働し、共に学びながら活動しております。

がん化学療法認定看護師

治療を受ける患者、家族が安心して治療をうけ、苦痛が少なく生活できるように副作用対策やセルフケア支援を行っています。

またがん化学療法看護の質向上を目指し、病棟看護師の支援を行っています。

皮膚排泄ケア認定看護師

瘻孔・褥瘡などの創傷・ストーマ・失禁による皮膚障害など、排泄物や物理的刺激によって障害を起こしやすい皮膚の専門的ケアを行っています。

患者様が皮膚トラブルで日常生活を制限されることなく、退院後も安心して暮らせるよう継続的支援を行っています。

 

出前講座のご案内

当院の認定看護師が、地域の医療機関の皆さまに向けて勉強会を実施しています。ご希望の方は、FAXにてお申し込みください。
 

nurse-lecture
nurse-lecture-application

画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

 

ワークライフバランス支援

あゆみ保育園(院内保育園)の利用について

住所

古賀市中央区6-23-5

電話番号

092-940-2210

対象年齢

生後2ヶ月~就学前

保育時間

7:45~18:15 ※延長保育あり

baby

保育料

¥28,000~35,000/月(別途給食費 ¥6,000)

  • 詳細は保育園へお問い合わせをお願いします。

 
duck

病児・病後児保育室「たんぽぽ」の利用について

病児保育室たんぽぽ

病児・病後児保育室「たんぽぽ」は、職員の子供が病気のため、保育所での集団保育や学校生活、家庭での保育が困難な場合に限り、一時的にお預かりし保育を実施し、職員が安心して働くことを支援しています。

場所

2階東病棟

対象年齢

1歳~小学校6年生

定員

2人まで

保育時間

8:00~18:00

実施日

月曜~金曜(祝日など休診日を除く)

保育料

¥2,000/日(1日単位・診察1回毎に連続5日まで)

  • 利用時は当院小児科または医療機関の医師連絡票が必要です。その他利用規約の詳細については庶務班長(内線8133)までお問い合わせをお願いします。

予約申込み

  • •[前日]18:30~21:00
  • •[当日] 6:00~7:00、8:00~18:00
  • 土・日・祝・祭日は、18:30~21:00のみ