2016年12月より感染症センター外来を始めました!

感染症病棟の横に感染症センター外来を開設しました。

 

診療について

感染症センター外来では主に海外渡航後の発熱、下痢症状を伴う方、麻疹(はしか)、風疹(三日はしか)、水痘(みずぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)等の感染力の強い病気の患者さんを対象に診療を行います。


感染症センター外来にて対応する患者さんは以下のような方です。

  1. ① 1か月以内に海外渡航歴があり、発熱および下痢がある方
  2. ② 発疹を伴う発熱がある方
  3. ③ 成人麻疹(はしか)、水痘(みずぼうそう)、風疹(三日はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などの流行性ウイルス感染症の疑いのある方
  • • 外来診療時間は平日9:00から11:00までです。(予約制)
  • • 上記に該当し受診をご希望の方は、予めお電話でのご連絡をお願いします。(代表:092-943-2331)
  • • 病院到着後、担当者が案内しますので、指示に従ってください。
    • 一類感染症(エボラ出血熱、マールブルグ病、南米出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、ラッサ熱、痘瘡)および二類感染症(ポリオ、ジフテリア、SARS、MERS、鳥インフルエンザ(H5N1, H7N9))の流行地からの帰国後に体調不良となった方は、まず最寄りの保健所にお電話でご相談の上指示を受けてください。